新型の移動式オービスはレーダー探知機で反応せず

新型の移動式オービス

スター・ウォーズ R2-D2が国道脇に置いてあった!確認すると新型の移動式オービスでした。場所は岐阜県内の国道248号線です。

実は最近になって新型の移動式オービスが増えています。北海道・岩手・栃木・埼玉・富山・静岡・岐阜・愛知・大分といった各都道府県で、新型の移動式オービスの導入が報告されています。

レーダー探知機の多くは「移動式オービス対応」と謳っていますが、実際に対応しているのは移動式オービスの中のごく一部のみで、新型に移動式オービスでの対応を気になったので試してみました。当方はコムテックの2014年発売のZERO 84Vというレーダー探知機。当時は最新モデルでしたが、4年経過すると・・・結果は反応せずです。

最新式じゃないんで仕方ないんのかな?と調べてみると、このスター・ウォーズ R2-D2型の名称は「移動式中型(iM)半可搬式:東京航空計器 LSM-300-HK」と言うらしい。特徴は、レーザー式なので、レーダー探知機が実際の電波を受信して警報することは不可能、という事。設置する場所の手前に「速度取締実施中」の看板が置いてありますので、注意して運転するしか無いということです。しかもトラックの荷台に載せて移動可能なので、設置場所がコロコロ変わる可能性があります。

国道248号線では他の場所で同型の目撃情報がありますが、ネズミ取りと同じくいつやっているのかは分かりません。

Sponsored Link