警告灯が一斉に点灯 ポロGTI

警告灯が一斉に点灯 ポロGTI

警告灯が4つ同時に点灯。エンジンを切って再び始動するも症状変わらず。恐る恐る動かすと問題なく動いているようです。まずは、警告灯の内容を調べることに。

警告灯の左から、ABS、TCS、ブレーキ、空気圧、と、どれも車輪に関する内容です。空気圧以外のマークが同時に点灯した場合、「フォルクスワーゲン正規販売店で点検を受けてください。ABSが故障していても、ブレーキは機能します。(ただし、ABS制御機能は作動しません)。」とある。空気圧はどこ場所のタイヤかメッセージ表示が無いので、タイヤを見るが外観からは異常なさそう。とりあえず運転出来そうなので帰宅することに。約5km運転するが警告灯は消えず、しかし問題なく運転できているので翌日にディーラーへ行こう。

右フロントタイヤーのブレーキセンサーの故障

翌日、ディーラーへ行こうとエンジンを始動すると警告灯は点灯せず。何回か繰り返しましたが点灯しません。しかし、ブレーキ故障だと心配なのでディーラーへ。

今の車は故障した場合にコンピューターにログが記録されるので調べると直ぐに結果が出ますね。今回の原因は、右フロントタイヤーのブレーキセンサーの故障だったようです。現在は異常が出ていないので真因は不明・・・

交換する場合は5万円弱かかるようです。センサーが壊れてもABSが作動しなくなるだけで運転は問題なく出来るようなのでとりあえずは安心。このまま乗ってみます。

と、この症状が出て1年経過していますが、再現していません。。。部品が壊れたのでなく接触等の接続が悪かっただけなのか?

取扱説明書を読んで

異常が出て始めて読む取扱説明書。警告灯についてが表にまとめてあるので調べやすかった。日本の携帯電話の取扱説明書よりは分かりやすいが、ところどころ日本語が?と思える箇所があるのはアイキョウでしょう。

Sponsored Link