POLO GTI @2年7か月経過 の感想

POLO GTI が我が家へ来てから2年7か月経ちました。
現在までの走行距離は25,800Kmです。

polo gti km.jpg

POLO GTI は走りを楽しむ車ですので、その点は非常に気に入っています。
GOLF GTI も走りは楽しめますが、キビキビした感じではなく、ゆったりと高速道路をクルーズする場合に重宝します。日頃乗って楽しい車がどちらかと言えば、POLO GTI でしょうか。

さて、ここまで乗ってきた感想です。

◆エコカーと正反対の車

エコカーでは燃費が重要視され、タイヤも燃費が良いブランドが選ばれています。
POLO GTI に純正で装着されているタイヤは、ダンロップ MAXX TT でグリップ重視ですので、現在でもサイドウォールは既に減っています。(注:基準空気圧でこの傾向ですので、若干高めの方が良いです)途中で2シーズンスタッドレスタイヤにしていますから、ノーマルタイヤでの走行距離は2万km程度です。

polo gti tire.jpg

ここまで減りが早いとは予想外ですが、車はタイヤも含めバランスが大切ですのでエコカー向きのタイヤは減りが遅いと言っても付けることは無いでしょう。

また、燃費もエコカーと比べると半分程度ですが、走りを楽しむ車ですからね。
しかし、エンジンブレーキを使うと燃費アップします。2000回転以上でアクセルオフすると燃料カットしていると思われます。この現象はGOLF GTI ではあまり感じません。

◆高速走行で安定している

サスペンションは純正車にしては相当固い方だと思います。この乗り心地は好き嫌いは分かれると思いますので、購入希望の方は絶対に試乗することをお勧めします。私は元々固めが好きですので、満足しています。

しかしそれ以上に驚いたことは高速走行での安定性です。以前Fitに乗っていましたが車重か軽い事や、サスペンションは軟なため、簡単に風にあおられ安定していませんがPOLO GTI は、ずっしと地に張り付く感じですごく安定しています。ドイツのようなEUは高速道路が多いし、日本みたいに渋滞も多くないため高速走行を重視しているからでしょう。

GOLF GTI についている、オートクルーズコントロールですが、POLO GTI にも搭載して欲しかった。本国では搭載されているのに、日本向けは削除された。これがあると高速走行は非常に便利だし、楽です。

◆樹脂製バンパー

時間が経過すると樹脂製バンパーは白く劣化する。さすがに2年経過した事から目立つ様になってきたため、光沢復活材を塗って対処しているが、雨が降ると途端にシミが目立つようになってします。

polo gti ban1.jpg

polo gti ban2.jpg

バンパーをコート(塗装)すれば解決できそうですが、やってみないと分からないので保留中。定期的に光沢復活材を塗って対処中です。GOLF GTI は塗装されていますのでこのような問題は発生なし。

9月には初めての車検が待っている・・

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ