Polo GTI が来月車検となりますが、タイヤが結構減ってきました。走る車なので、エコカーのような耐久性を求めるのは無理がありますが、3万kmまでもってくれるとうれしいものです。

そこで交換用のタイヤを探したところ、純正はダンロップのSP SPORT MAXX タイヤサイズ 215/40/ZR17 87Y を装着していますので、同じタイヤを探して見るとありました。回転方向性の無いタイヤパターンに変わっていますのでこれは重宝しそうです。なぜか?純正タイヤは一世代前の回転方向性があるパターンを採用していますので、ローテーションを行うにも前後しかできません。でも左右で減り具合が違ってきますのでできればクロスローテーションがベストなんです。以前、ローテンションを行った時に左右逆にしたいため、タイヤをホイールから一旦外して、再組込みすることも検討しましたが工賃が高いので諦めました。

他の候補として、ダンロップからはLE MANS4 が発売されています。これは低燃費タイヤなんで、GTIにはマッチングが?かも知れませんね?スタッドレスタイヤを履いた時のような感覚になってしまうかも?と心配があります。

他社製では、ブリジストンからは、POTENZA RE050、Playz PZ-X、YOKOHAMAからは、DNA S.drive、ADVAN NEOVA、があります。こちらもスポーツタイヤが低燃費タイヤに分類できますね。

POLO GTI の場合(というかVW車)は、開発時にタイヤの相性にも重点を置いて開発していますので、それ以外のタイヤにしたら車としてのバランスが崩れると言われています。こればかりは乗ってみないと分からないことなので・・・

ただ、Polo GTI の場合のタイヤ選びでは気を付ける事があります。EXTRA LOAD と呼ばれる、空気圧および負荷能力をスタンダード規格(JATMA・ETRTO等)の同一タイヤサイズよりも高く設定したタイヤ規格を採用している点です。この規格のタイヤサイズは、スタンダード規格(JATMA・ETRTO等)の同一サイズに比べ、ロードインデックスが高くなります。また、同一タイヤサイズでも空気圧に対する負荷能力を維持するためには、スタンダード規格(JATMA・ETRTO等)のタイヤに比べ、高い空気圧が必要となる傾向にあるので、EXTRA LOADのタイヤを選んだ方が無難でしょう。

となると、候補は SP SPORT MAXX、LE MANS4、Playz PZ-X、の3種類。この内スポーツタイヤとなるとSP SPORT MAXXのみしかありません。

extra-load.jpg