「ポロブルーGT」が発売されました。名前の通りGTでありながら、BlueMotionを継続する、というコンセプトです。「ポロGTI」と「ポロTSIハイライン」の間を埋めるモデルとして位置づけられ、エンジンには新型「ゴルフ TSI ハイライン」と同じ気筒休止エンジン1.4 TSI アクティブシリンダーマネジメント(ACT)を「ポロ」として初採用しています。

早速乗り込むと、ブルーが配色されたシートが目に飛び込んできます。GTIだとチェックのシートですが、ポロブルーGTはブルーなんですね。インパネ周りはGTIと変わりはありません。いよいよ試乗開始!パワーは140psなんでGTIほどの走りではないですが、楽しめます。走行中は、頻繁に気筒休止”ACT(アクティブ・シリンダー・マネジメント)が働き2気筒モードになります。(表示が出るので分かりますが、表示がなけれ分かりません。それ位スムーズに移行しています。)これが、ポロブルーGTでの大きな変更点の1つ。次は”オートクルーズ”が付いている事です。ゴルフにはあってポロには無かったシステムが追加になっています。EUでは既に当初から付いていましたが、日本向けポロにもやっと付いてくれました。ブルーGTに付くならGTIにも付けて欲しいというのが正直な感想です・・・

サスペンションは、GTI同様に標準車よりもマイナス15mm。タイヤサイズもGTI同様に215/40R17です。サスペンションの味付けがGTIほど硬くありませんので、街乗りには少し硬いかな?と感じる程度です。(ポロGTIは街乗りでは非常に硬い)。そしてエンジンですが、GTIでは2000rpm~3000rpm程度の時にアクセルOFFすると燃費が良くなります。(燃費計の値で確認)燃料カットが効いていると思われます。例えば、下り坂ではギアダウンしてエンジン回転数を高くし、アクセルOFFした方が燃費アップしています。同じことをポロブルーGTで試しましたが、こちらは変化ありませんでした。システムが違いますね。

では、ポロブルーGTは買いか?となれば微妙です。車自体は良いのですが価格です。269万円という価格。+30万でポロGTIが買えます。また、ゴルフ7もハイラインも買えます。この微妙な価格差であえてポロを選択するなら、車庫が狭いとか大きな車はイヤだという場合でしょうか?ポロ、ゴルフ、どちらでもOKという人は車内が広いゴルフを選ぶと思いました。ポロブルーGTは、ポロGTIとポロTSIハイラインの間を埋めるモデルとしての位置づけは分かりますが、なんか中途半端に思えます。極端な話、ポロTSIハイラインを置き換える位な位置づけでないと買おうと思わないのではないのかな?コンセプトはいいんですが・・・

bluegt001.jpg

bluegt002.jpg

bluegt003.jpg