レーザー式移動オービス対応のレーダー探知機が、ついに登場!

新型の移動式オービス

以前の記事で「新型の移動式オービスはレーダー探知機で反応せず」と書いた。その大半が従来のレーダー探知機では捕捉できないレーザー式ということで、我々ドライバーにとってはまさにお手上げ状態でした。

が、なんと、レーダー探知機メーカーの老舗、ユピテルから、レーザー波受信機能付きのレーダー探知機がついにリリースされるようです!

「移動オービス対応」のレーダー探知機

「移動オービス対応」のレーダー探知機は、すでに各メーカーから発売されているが、実はレーダー式はともかくレーザー式に関しては、レーザー波を探知して警告をするのではなく、レーザー式移動オービスによる取り締まりポイントに近づくと、GPSによる位置情報を利用し警報を鳴らすという仕組みにすぎない。

ところが、そのポイントはネズミ捕りポイントと同様に、あくまでも過去に目撃された場所に過ぎず、「どこでも取り締まれる」機動性を誇る移動オービスに対しては、少なくともリアルタイムな警報は望めなかった。。。

待ちに待ったレーザー式移動オービス対応のレーダー探知機が、ついに登場!

レーザー&レーダー探知機「LS300」

ところが、ついにあのユピテルから 国内初のレーザー波受信機能付きのレーダー探知機が、この4月上旬に発売開始されます!

スーパーキャットGPSアンテナ内蔵レーザー&レーダー探知機「LS300」。

背面に配された、レーダー光を受信するふたつのセンサーが、固定式レーザーオービスやレーザー式移動オービスから発光されたレーザー波を捉え、すぐさま警告を行ってくれるから、事前に探知が可能。

さらに、従来のレーダー探知機能はそのままに、16万件を超えるGPSデータを満載することで、全国のオービスやネズミ捕り他、交通取り締まりポイントを教えてくれる。また、東名や東北道などの120km/h制限区間に、早くも対応しています。

レーザー式移動オービスとは

レーザー光により車速を計測するオービス(自動速度違反取締装置)。三脚により簡単に移動ができ、かつ小スペースで設置が可能なため、今後重点的に取り締りが行われる通学路などの生活道路で使用される。

レーザー光線探知には色々精度の問題もありそう

ユピテルの公式サイトには、レーザー光線の探知について以下のような注意書きのページが新規に作成されており、そこそこ誤報があったり、場合によっては探知できない事も多そうな印象です。

使用上の注意

UVカットやIRカットガラスの場合、レーザーの透過率が下がる為、探知が遅れるか探知できない可能性あり
レーザーを使用する安全装備がある車の場合、探知が遅れるか探知できない可能性あり
レーザーを使用する安全装備がある車の周辺だと、誤報が出る可能性あり

買ってみないと自分の車で探知できるかどうか分からないってところでしょうね。販売してから評判を聞いてから購入しても遅くはありません。



Sponsored Link