ゴルフなどエンジンスイッチで指先負傷のおそれ

ゴルフなどエンジンスイッチで指先負傷のおそれ

フォルクスワーゲングループジャパンは8月29日、『ゴルフヴァリアント』などのエンジン始動/停止スイッチに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。

対象となるのは『ゴルフヴァリアント』『ゴルフ』『ザ・ビートル』『シャラン』『トゥアレグ』など16車種で、2010年10月21日~2016年9月28日に輸入された3万3144台。

エンジン始動/停止スイッチにおいて、表面に記載されている文字の字体が不適切なため、手汗などの油脂成分が付着すると、表面に施されたクロームコーティングの接
着性が低下し、当該コーティングの一部が剥がれるものがある。そのため、スイッチを操作する際に文字の鋭角部分に触れると、指先が負傷するおそれがある

改善措置として、全車両、エンジン始動/停止スイッチの文字の字体を点検し、対象となるものは対策品と交換する。不具合は324件発生、事故は起きていない。市場からの情報およびび国土交通省からの指摘により届け出た。

このニュースを聞いた時、以前のGOLF7GTIでは、まさにこの症状が発生していた。ディーラーにクレームを入れましたが、次回の車検時に直しましょう!と言われていましたが、結局、車検前に車を替えたため直さず。今思えば「やっぱり・・・」でした。

ゴルフなどエンジンスイッチで指先負傷のおそれ
ゴルフなどエンジンスイッチで指先負傷のおそれ


Sponsored Link